No.394 月影入道華雄

月影入道華雄

妖怪三国志の「月影入道華雄」の妖怪大辞典の情報です。

読み方 つきかげにゅうどうかゆう
説明 月影入道は、深夜月に雲がかかった時間だけムゲン地獄から地上へとその大きな姿をあらわす。
そして、親の目をぬすんで夜ふかしをする子どもたちを地獄へとさらっていくのだ。

スポンサーリンク